本文へ移動

会社案内

代表挨拶

技術の高みを目指して

 金型技術は製造業を支える基幹技術であり、日本が世界に誇る高度な技術と言っても過言ではありません。今日、求められる金型の精度は1/1000mmに迫ろうとしています。
 より複雑化する形状、新素材の成形樹脂への対応、そしてスピード。私たち山下金型は自動化・マニュアル化を進め、ノウハウをデータとして共有化する一方で、日本のマイスターとも言える職人レベルの技術の伝承を通じて、多様化・高度化するユーザーニーズに応えています。トップシェアを誇る金型製造専門メーカーとしてアジアの海外工場も国内と同等レベルの技術を持っています。
既成概念にとらわれない柔軟な発想と技術の研鑽、困難に立ち向かうチャレンジスピリッツで、世界の金型技術をリードしていきます。

代表取締役社長 山下 浩一

概要

商号
株式会社 山下金型
所在地
〒437-0021 静岡県袋井市広岡3276番地の2
代表者
代表取締役社長 山下 浩一
創業
1970年2月
資本金
1,000万円
生産品目
射出成形用金型・同部品
生産比率
自動車:70%、OA機器:10%、家電:10%、その他:10%
工場所在地
本社工場:袋井市広岡
工場敷地 3,036m2、工場面積 520m2、事務所面積 165m2

飯田工場:周智郡森町
工場敷地 4,174m2、工場面積 1,114m2、事務所面積 172m2
社宅面積
180m2
従業員
国内(関連会社含)95名
海外(関連会社)220名

沿革

1970年2月
現会長・山下 征男、袋井市にて山下金型を設立
1971年12月
袋井市広岡に本社工場を移転・改組、株式会社 山下金型を設立
1976年7月
浜松市にて浜松工場創業
1978年8月
周智郡森町にて森町工場創業
1979年8月
磐田郡豊田町に浜松工場を移転・新築、大進金型工業株式会社と改組
1980年7月
本社工場増築
1983年3月
設計部門に事業部制を採用、サンモールド設計株式会社と改組
1984年2月
新社長・小西秀男就任
1984年10月
本社工場増築
1987年3月
資本金増資440万円
1989年5月
資本金増資880万円
1991年6月
周智郡森町飯田に飯田工場新築
1992年7月
大進金型工業株式会社 資本金増資1,000万円
1993年4月
資本金増資1,000万円
1995年9月
サンモールド設計株式会社 資本金増資1,000万円
1996年8月
飯田工場増築
1997年12月
本社敷地内に独身寮新築
1998年4月
フィリピン・カビテ州にYamashita Mold Philippines Co. Ltd. 設立
2002年5月
タイ・ラーヨン県にYamashita Mold Thailand Co., Ltd. 設立
2005年12月
新社長 山下 天平就任
2007年1月
タイ工場(YMT)増築
2017年3月
長崎県西海市と立地協定締結
2017年5月
西海市にて西海事業所創業
2021年3月
新社長 山下 浩一就任

人材育成

 山下金型の人材育成の条件は国内においても海外においても、対等な人と人の関係を築くことにあります。対等な関係と活発なコミュニケーションが新しい発想を創造し、技術を高みへと導きます。
 また、各部の関係も同様に対等で風通しの良い環境であることが、ユーザーニーズに応えるために必要な条件だと考えています。
 各個人が自分で技術レベルを評価する「技能技術レベル判定」はひとりひとりのモチベーションと技術者集団のポテンシャルを高めています。
 短期間の技術講習の後、現場での粘り強いオンザジョブトレーニングが基本です。金型技術の修得は現場が最もふさわしい研修の場であるからです。
 日々進化する技術のマニュアル化は終わることはありません。マニュアル化の作業を通じて熟練技術者の勘を裏付ける理論化がなされ、国内・海外の技術者集団のレベルアップに貢献にしています。
株式会社山下金型
《本社》
 〒437-0021 
 静岡県袋井市広岡3276-2
TEL.0538-42-0167
FAX.0538-43-5784

《飯田工場》
 〒437-0222
 静岡県周智郡森町飯田828-2
TEL:0538-49-1761 
FAX.0538-49-1765

《西海事業所》
 〒851-3305
 長崎県西海市西彼町喰場郷1686-3
TEL:0959-27-1710 
FAX.0959-33-9017
TOPへ戻る